千葉相続サポートセンターepm
  • 相続レポート
  • 相続セミナー
  • サービス案内
  • 無料相談
  • よくある質問
  • メールマガジン
  • 相続税 シミュレーション
  • 贈与税 シミュレーション

セミナー参加者募集中

6回シリーズの相続対策セミナーや地域でのセミナーなど、さまざまなセミナーから自由にお選びいただけます。

詳細・参加お申込み

シミュレーションツール

相続税・贈与税がどのくらいかかるか
簡単にシミュレーションできます。

相続税簡単シミュレーション

贈与税簡単シミュレーション

相続に関する基礎知識

遺言の重要性

月3回更新 相続レポート

相続に関する様々な情報を月3回更新。
メールマガジン購読者様へお届けしております。

2017年10月20日更新

自分で相続登記をする際の注意点

1.遺言書がある場合 (1)自筆遺言がある場合は、まず、家庭裁判所への検認手続きの申し立てを行います。 検認とは、相続人に対し遺言の存在を知らせるとともに、遺言書の内容を明確にする手続です。但し、遺言の有効・無効を判断する手続で

2017年10月10日更新

土地建物の一括購入時の按分

お世話になります。税理士の山方です。 今回は、不動産購入時の契約額に関する話をします。 1.土地・建物の按分額でその後の税負担が変わる? 例えば1億円の中古物件が2つ(A物件・B物件)あるとします。 A物件は土地2,000万

2017年10月01日更新

地図訂正を薦められたが、地図訂正って何?

皆様、土地家屋調査士という国家資格をご存じでしょうか?土地家屋調査士とは、不動産の登記簿(登記記録)の「表題部」の新設、変更・更正、閉鎖等の代理申請を行う土地建物の表示登記の専門家です。    地図訂正は土地の境界線を

2017年09月20日更新

配偶者が全て相続して本当にいいの?

大ちゃん先生こと、高橋 大貴です。   相続税という制度はすべての国にあるわけではありません。相続税という制度がある国もあれば、ない国もあります。日本では、日露戦争の戦費をまかなうため 明治38年(1905年)に相続税

バックナンバー一覧

家族のために学ぶ愛情相続

相続セミナー開催スケジュール

{{prevText}}

{{calData.currentYear}}年{{calData.currentMonth}}月

{{nextText}}

{{date.date}}日 ({{date.dayJa}})
{{event.category_name}} {{event.title}}
{{date.date}}日 ({{date.dayJa}})
{{event.category_name}} {{event.title}}

セミナー一覧

TOP